ピックアップ求人

ピックアップ求人 一覧

ピックアップ求人検索

勤務地
募集職種
フリーワード
 

提案営業(末梢血管領域・関西・九州) / Sales Rep. (peripheral Intervention・Kyushu・kansai)

詳細
NEW 外資
案件管理番号 4570
勤務地 関西・九州エリア
仕事内容 国公私立病院等の全国の主要医療機関を担当し、医師やコメディカル(検査技師などの医療従事者)に対して、当社医療機器の提案や最新の医療関連情報などの情報提供を行っていただきます。また、製品適正使用のためのサポートや販売代理店の活動支援なども行っていただきます。

【職務詳細】
1)医師・コメディカルへの当社製品の提案と最新の医療関連情報の提供
2)医療機関へのサポート(製品使用時の立ち会い、勉強会・セミナーの主催など)
3)販売代理店へのサポート(当社製品情報の提供、勉強会・セミナーの主催など)
4)各種学会への参加 など

【配属予定】
PI事業部は、動脈硬化症や透析シャント不全などの心血管・脳血管以外の末梢血管疾患治療に用いる製品を取り扱う部門です。
※詳しくは http://www.bsj-careers.com/ourbusiness/division.html をご覧ください。
会社概要 ボストン・サイエンティフィックジャパン(株)は、米国マサチューセッツ州に本社を置く世界屈指の医療機器メーカーであり、「低侵襲治療」分野のリーディングカンパニーです。低侵襲治療とは治療リスクを減少し、手術時間を短縮、造傷の縮小、コストの軽減など患者さんの負担を、精神的にも肉体的にも軽減する治療法です。
外科的手術の際、直接メスを入れるのではなく、血管からカテーテルをとして幹部を治療し、直径4.6mmほどの小さな傷跡を残すのみで、心臓や脳などの疾患を治療できる【インターベンション】治療をはじめとした、画期的な低侵襲治療法を提供しています。
ボストン・サイエンティフィックジャパン(株)では「動機」と仕事が結びついたときに生産性が最大になる「キャリアベスト」という概念を重視しており、仕事に対しての情熱、好奇心、向上心、夢といった、「動機」を持った方を求めています。
また、「キャリアベスト」のサポートするための能力開発トレーニングプログラムや、評価項目の一つに「自己開発目標」の達成率を組み込むなど社員の能力向上が会社の成長に直結するシステムとなっています。
社員の「キャリアベスト」を支援し、また、最新のテクノロジーの提供によって、患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(QOL)に貢献し続けている企業です。

【ADC/ダイアベティスケア事業部】TerritoryManager/医療機器営業職【北海道・東北】

詳細
NEW 外資
案件管理番号 3116
勤務地 北海道・東北
仕事内容 【業務内容】
事業部にて合意した年間販売目標を担当するテリトリーにて達成する。
担当するテリトリーにて顧客、販売卸、その他のビジネスパートナーとの良好な関係を築き、会社の代表者として管理し、販売活動、情報収集、提供を行うとともに関係強化を図る。
会社、事業部より求められる市場情報を収集し、適宜報告する。

1. 事業部、直属の上司との合意に基づき、年間販売プランを作成する。
2. 情報の収集、提供、各種ツールを活用しビジネスステップの進捗を図る。
3. 事業部戦略に沿った営業活動や説明会、講演会等の教育、啓蒙活動を実施する。
4. 顧客毎、製品毎の実績管理を行う。
5. 毎月、販売実績のレビュー、と次月のプランを作成する。
6. 毎週の行動管理表を作成し、管理表に従って行動する。
7. 毎月及び上長及び事業部の指示により適宜、実績ほかの報告を行う。
8.営業事務を速やかにかつ正確に履行する(例:トレーニング課題の達成、経費精算/申請、セールスフォーキャストの作成)
9. 薬事法に則りアボットジャパンや事業部の手順に従いクレームへの対応を行う。
10. 会社の規則、規範、及び業界の規範を守り、正しくビジネスを行う。
11. その他、アボットジャパン、所属事業部、直属の上司より指示された業務を行う。
会社概要 アボット ジャパン(株)は米国に本社を置き世界130ヶ国以上に事務所をもち91,400の社員を持つアボット社の日本法人です。
医療用医薬品から体外診断薬、医療機器まで製品ラインナップは多岐にわたり、それらの融合により診断から治療までをカバーする「トータルヘルスケア」の充実を目指しています。

★アボットは・・・
1888年ウォレス C.アボットは「人々の治療に役に立つ、より良い医薬品の提供にあたり、もっと良い方法があるに違いない」という強い信条を持ち、創薬医学という新しい科学を切り開き、イリノイ州シカゴからアボットという会社を立ち上げました。
彼の思いは大きく実を結び今は130カ国以上の国で画期的な医薬品ならびに医薬機器の開発、販売を122年以上にわたって行っております。

今でもアボットの事業やサービスの根底にあるものは「CARING」です。 新生児から高齢者まで、すべての人々は健康な生活を望んでいます。これらの人々へ栄養剤から診断薬まで、幅広く提供できることは、アボットの強みであり、使命です。

提案営業(消化器領域・中部) / Sales Rep. (Endoscopy)

詳細
外資 未経験可
案件管理番号 4295
勤務地 中部エリア
仕事内容 国公私立病院等の全国の主要医療機関を担当し、医師やコメディカル(検査技師などの医療従事者)に対して、
当社医療機器の提案や最新の医療関連情報などの情報提供を行っていただきます。
また、製品適正使用のためのサポートや販売代理店の活動支援なども行っていただきます。

【職務詳細】
1)医師・コメディカルへの当社製品の提案と最新の医療関連情報の提供
2)医療機関へのサポート(製品使用時の立ち会い、勉強会・セミナーの主催など)
3)販売代理店へのサポート(当社製品情報の提供、勉強会・セミナーの主催など)
4)各種学会への参加 など


【事業部について】
エンドスコピー事業部は、癌・ポリープ・胆石・食道狭窄などの消化器疾患治療や気道狭窄などの呼吸器疾患治療に用いる製品を
取り扱う部門です。
1986年より世界的に展開されている当事業部は、革新的な医療技術の開発においてトップに位置付けられ、
疾患の早期発見、早期治療に貢献すると共に、在宅医療を支える製品の提供など、患者さんのQuality of Lifeの向上に積極的に取り組んでいます。

【代表製品】
口腔から内視鏡を経由して、食道、胃、十二指腸、また肛門を経由して大腸まで、
その他、胆道、膵臓なども開腹せずに内視鏡下で低侵襲的に治療します。
組織検査用の生検鉗子、胆石の摘出を行う結石除去用バルーンやバスケットカテーテル、ポリープの切除のためのポリペクトミースネア、
良性及び悪性の消化管狭窄の治療を行う消化管用バルーンカテーテルや消化管用ステント、
潰瘍や血管破裂による消化管出血の停止(止血)を行う止血クリップ等が代表的製品として挙げられます。
また、悪性腫瘍により気管や気管支が狭くなる病態に対して呼吸を確保するための治療に使用される製品として、
気管・気管支ステント等も取り扱っています。


【ドクターとの二人三脚で、患者さんが心から求める治療法を提供していきませんか】
手術にかかる時間とコスト、そして患者さんの負担を精神的にも、肉体的にも軽減する画期的な治療法「インターベンション」。
この治療法で使われる、当社の医療機器を広めていく仕事です。
患者さんにとって最善の治療法を、ドクターとともに探っていく。そんな「チーム医療」の一員としてご活躍ください。

■ドクターに対する営業
担当医を訪問し、手術に関する情報(スケジュール・症例等)を収集。目的に合う製品を勧めます。最善の治療を施していただくために、
実際の手術現場に立ち会うこともあります。

■代理店に対する営業支援
正確な製品知識を授け、拡販を支援します。マーケットの状況を把握するための情報交換も欠かせません。

その他にも、ドクター向けの勉強会を実施したり、患者さんを啓発するフォーラムの企画・運営などもお任せします。
会社概要 ボストン・サイエンティフィックジャパン(株)は、米国マサチューセッツ州に本社を置く世界屈指の医療機器メーカーであり、「低侵襲治療」分野のリーディングカンパニーです。低侵襲治療とは治療リスクを減少し、手術時間を短縮、造傷の縮小、コストの軽減など患者さんの負担を、精神的にも肉体的にも軽減する治療法です。
外科的手術の際、直接メスを入れるのではなく、血管からカテーテルをとして幹部を治療し、直径4.6mmほどの小さな傷跡を残すのみで、心臓や脳などの疾患を治療できる【インターベンション】治療をはじめとした、画期的な低侵襲治療法を提供しています。
ボストン・サイエンティフィックジャパン(株)では「動機」と仕事が結びついたときに生産性が最大になる「キャリアベスト」という概念を重視しており、仕事に対しての情熱、好奇心、向上心、夢といった、「動機」を持った方を求めています。
また、「キャリアベスト」のサポートするための能力開発トレーニングプログラムや、評価項目の一つに「自己開発目標」の達成率を組み込むなど社員の能力向上が会社の成長に直結するシステムとなっています。
社員の「キャリアベスト」を支援し、また、最新のテクノロジーの提供によって、患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(QOL)に貢献し続けている企業です。

医療機器営業(セールス&マーケティング)

詳細
NEW 外資
案件管理番号 4729
勤務地 ◎ 全国勤務可能な方 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・岡山・福岡
仕事内容 【概要】
最先端医療機器(弊社米国拠点にて開発・製造)の販売活動全般およびマーケティング活動の戦略策定

【具体的には】
・心臓血管外科関連を中心とした先端医療機器製品(ステントグラフト等)の販売活動及びエリアマーケティング活動 (臨床現場での安全使用のための技術サポート含む)
・製品の適正使用に必要となる文献資料・製品関連情報などの的確かつ迅速な提供による医療現場サポート
・プロジェクトメンバーとの協力による担当エリア販売戦略策定・実践
・顧客(大学病院、一般病院、代理店)や市場の的確な把握による販売戦略策定・実践
・製品・臨床に関する高度な専門知識の習得
会社概要 ゴアは、1974 年に電子部品メーカーである潤工社とジョイントベンチャーを結成し日本市場に参入しました。ジャパンゴアテックス株式会社 (JGI) として知られるこのジョイントベンチャーの目的は、ゴアのユニークな延伸多孔質PTFE(ePTFE) 技術を日本に導入し発展させることでした。その後、 JGI はビジネスのグローバル化に対応すると同時に、さらなる成長を目指して2009年ゴアへの統合を決定し、2011 年 4 月には社名を日本ゴア株式会社に変更しました。

今日、ゴアは世界25ヶ国以上に1万人以上の社員(親しみを込めてアソシエートと呼びます)を擁しており、製造拠点はアメリカ、ドイツ、イギリス、日本、中国に、販売拠点は世界中に広まっています。

年間売上高は 30億ドル超です。ゴアのフッ素ポリマー製品は、次世代エレクトロニクス、医療製品、高性能ファブリクスなど幅広い産業分野で革新的なソリューションを提供しています。

一般には ゴアテックス潤?? ファブリクスが最も知られていますが、他の製品もそれぞれの分野で高い知名度があります。それを支えるのは卓越したテクノロジーとフッ素ポリマーの専門知識なのです。

ゴアは、電子産業分野においては常に次世代ケーブルアセンブリおよびコンポーネントを提案し、ファブリクス分野では快適かつ保護力に優れたアウターウェアの標準となり、産業分野では革新的な素材と技術で困難な課題を解決し、さらに医療分野では生体適合性を持つメディカル製品により正常な身体機能の回復を実現します。

ゴアは、プロダクトリーダーとしての責任と信頼を真摯に受け止め、世界の市場に向けて新しい製品と、より優れたソリューションを常に提供し続けます。

アカウントセールス【東京・広島】

詳細
NEW
案件管理番号 2742
勤務地 ■東京・広島 ※入社時の勤務地の希望はお聞きしますが、お持ちのスキルアップ、キャリアアップにより全国転勤があります。
仕事内容 ■仕事概要
病院・クリニック・動物病院における課題を解決するために、弊社の医用画像情報システム(SYNAPSE)・デジタルX線画像診断システム(FCR)、電子内視鏡システム、超音波診断装置、生化学検査装置等を提案する営業職です。

■仕事のスタイル
医療施設の、病院長、医師、放射線技師、臨床検査技師、看護師、病院スタッフの方々とコミュニケーションを深めながら、信頼関係を築き、お客様のニーズに沿った提案をします。
時には、お客様の気づかれない課題と解決方法を提示する、コンサルタント的な営業スタイルです。

所属した事業所にて担当するエリアの、大規模病院、中小規模病院、クリニック、動物病院における課題を聞き取り、その課題解決に向けたシステム提案をおこないます。

時には、装置のデモンストレーションも行い、商談によっては専任セールス同行による訪問により、弊社医療システムの利点を納得いただいて成約となります。

また弊社医療機器納入実績の無い診療科や、お取引の無い医療施設も訪問し、最新の情報提供と新たなニーズにお応えすることも大切な仕事です。

さらに医療機器商社への、新商品の紹介や商談フォロー等の販売支援もあります。

仕事と商材の範囲が広く身に付ける知識もたくさんありますが、多くの事が経験できる仕事です。


■製品情報
FCR:富士フイルムの「画像処理技術」を応用した、高画質が強みのデジタルX線画像診断装置。CR部門で国内トップシェアを続けています。(※当社調べ)

SYNAPSE:高画質医療画像を高速で表示できる事と安定性が強みの、弊社医用画像情報システム(PACS)。PACS部門において国内トップシェアとなりました。(※当社調べ)

 
■研修について
個人の経験・スキルによりますが、入社当初はOJTを交えながら経験を積んでいただきます。
また「医療情報技師」資格取得支援制度や、セールス研修、ITスキルアップ研修がありますので、必要に応じて学んでいただきます。
会社概要 富士フイルムメディカルは、1965年、富士フイルムグループの医療事業を担う企業としてスタート。
医療事業はグループ全体で取り組んでおり、医療情報ネットワークシステムや医療用デジタルイメージング機器などの設計、
開発は、富士フイルムやその他グループ内のシステム開発会社が手がけ、同社がその販売と技術サービスを担当するという関係。医療分野では、レントゲンフィルムが主流だった時代からの老舗で、1981年にはX線画像のデジタル化に世界で初めて成功し、1983年にはデジタルX線画像を世界で初めて製品化したことで知られている。
現在でも、医療用デジタルX線画像診断機器の分野ではトップクラスのシェアを誇るとともに、診療業務を支援するシステムや、
医療施設間を繋ぐネットワークシステムの構築なども手がけている。2009年には内視鏡事業にも本格的に参入した。

【事業内容】
■医用画像情報システム及び関連機材の開発・販売、その他関連する付帯サービス
■デジタルX線画像診断システム富士コンピューテッドラジオグラフィ(FCR)機器・関連諸製品の販売 
■医療用X線フィルム、処理薬品ならびに関連機器・機材の販売 
■生化学検査機器・検査試薬の販売 
■医療用機器ならびに関連機器の保守点検・修理

転職を希望される方の無料登録はこちらから

pagetop