ピックアップ求人

企業別 ピックアップ求人

富士フイルムメディカル株式会社

会社概要 富士フイルムメディカルは、1965年、富士フイルムグループの医療事業を担う企業としてスタート。
医療事業はグループ全体で取り組んでおり、医療情報ネットワークシステムや医療用デジタルイメージング機器などの設計、
開発は、富士フイルムやその他グループ内のシステム開発会社が手がけ、同社がその販売と技術サービスを担当するという関係。医療分野では、レントゲンフィルムが主流だった時代からの老舗で、1981年にはX線画像のデジタル化に世界で初めて成功し、1983年にはデジタルX線画像を世界で初めて製品化したことで知られている。
現在でも、医療用デジタルX線画像診断機器の分野ではトップクラスのシェアを誇るとともに、診療業務を支援するシステムや、
医療施設間を繋ぐネットワークシステムの構築なども手がけている。2009年には内視鏡事業にも本格的に参入した。

【事業内容】
■医用画像情報システム及び関連機材の開発・販売、その他関連する付帯サービス
■デジタルX線画像診断システム富士コンピューテッドラジオグラフィ(FCR)機器・関連諸製品の販売 
■医療用X線フィルム、処理薬品ならびに関連機器・機材の販売 
■生化学検査機器・検査試薬の販売 
■医療用機器ならびに関連機器の保守点検・修理
設立 1965年1月12日
資本金 1,200,000万円
従業員 1,499名

ITセールス【広島】

詳細
NEW
仕事内容 ■仕事概要:病院におけるその医療施設の課題(多岐にわたる部門システムの医療データを一元化・統合したい、医師の診断・治療・意志決定の場面において利活用出来る診療統合システムを実現したい等)を解決する診療ITソリューション(システム)を提案する仕事です。

当社の強みである「画像処理技術」を応用した医用画像情報システム(PACS)の分野において、国内シェアトップ(※当社調べ)となりました。
このPACSで培ったノウハウを活かし、放射線部門、手術・重症部門や循環器部門、生理検査部門、さらには診療文書システムの提案を行うだけではなく、各診療部門の医療データを統合し、更に電子カルテやオーダリングシステム等の基幹システムとのデータ連携を図り、医療情報の高度なネットワーク化を図る「診療統合システム」の提案を行っていただきます。

■製品情報:医用画像情報システム(SYNAPSE)は富士フイルムの先端技術を投入した製品です。SYNAPSEは日本国内では1,700施設でご利用いただいており、医療用画像診断ネットワークシステムの先進国である米国はもとより、世界中の医療機関で数多くの導入実績を有しています。

■仕事スタイル:大病院を中心に医療施設の元へ訪問。現状のヒアリングから、施設がお持ちの課題に対して問題共有、システムの改善・構築のご提案、打合せを繰り返します。
具体的な商談になった場合には、技術部門のプロジェクトリーダーと共に詳細説明やご相談に応じつつ、最適なシステム構築を決定します。
導入決定後、プロジェクトの進捗確認、お客様とのワーキングを行います。導入には3か月~6か月の期間を要しますが、要所で進捗確認しシステムを立ち上げます。また導入後の定期的なフォローも行います。
1受注で数千万~数億円の商談となる事もあります。

■市場:経営の効率化、診療サービスの質の向上、地域医療連携等を推進している医療機関はIT技術の導入に積極的です。その中で電子カルテを始めとする基幹システムや各診療部門システムはすでに医療施設に普及しています。
そのような状況の中で院内の各診療部門システム同士の医療データを一元化・統合し、さらには電子カルテ等の基幹システムとデータを共有して、医師の診断から治療までを支援する「診療統合システム」の潜在ニーズがあります。
 
■研修について:個人の経験・能力に応じますが、基本的には1~2年はOJTを交えながら勉強していただきます。
勤務地 仙台

転職を希望される方の無料登録はこちらから

pagetop