ピックアップ求人

ピックアップ求人 詳細

提案営業(脊椎・脳神経領域・九州) / Sales Rep. (Neuromodulation・Kyushu)

一覧に戻る
外資 未経験可
勤務地 九州エリア
仕事内容 国公私立病院等の全国の主要医療機関を担当し、医師やコメディカル(検査技師などの医療従事者)に対して、
当社医療機器の提案や最新の医療関連情報などの情報提供を行っていただきます。
また、製品適正使用のためのサポートや販売代理店の活動支援なども行っていただきます。

【職務詳細】
1)医師・コメディカルへの当社製品の提案と最新の医療関連情報の提供
2)医療機関へのサポート(製品使用時の立ち会い、勉強会・セミナーの主催など)
3)販売代理店へのサポート(当社製品情報の提供、勉強会・セミナーの主催など)
4)各種学会への参加 など


【事業部について】
ニューロモジュレーション事業部は、慢性的な痛みを緩和するための脊髄刺激装置やパーキンソン病に伴う運動障害、
ジストニアや、本態性振戦などの振戦の症状を軽減するための脳深部刺激装置を扱う部門です。
慢性疼痛疾患の治療は、医療機器市場の最も急成長している分野に挙げられています。
今後の市場開拓と潜在患者への優れた製品の提供を通じ、患者さんのQuality of Lifeの向上に貢献することを使命としています。

【代表製品】
慢性疼痛治療用の脊髄電気刺激(Spinal Cord Stimulation: SCS)製品は、充電式システムです。
日本人の体形に適した小サイズ、患者さんがシステムを操作するリモートコントローラとIPG(刺激装置)の充電方法は
全てコードレスで行えるのも弊社製品の大きな特長です。
さらに硬膜外腔に留置するリードの16極の電極にはそれぞれ独立した電源が供給され、きめ細かな刺激設定、
充電を忘れてIPGのバッテリーが何回完全放電しても再充電できるのも当社の特許です。
将来の展開としては、パーキンソン病治療用の脳深部刺激装置の導入に向け準備を進めています。


【ドクターとの二人三脚で、患者さんが心から求める治療法を提供していきませんか】
手術にかかる時間とコスト、そして患者さんの負担を精神的にも、肉体的にも軽減する画期的な治療法「インターベンション」。
この治療法で使われる、当社の医療機器を広めていく仕事です。
患者さんにとって最善の治療法を、ドクターとともに探っていく。そんな「チーム医療」の一員としてご活躍ください。

■ドクターに対する営業
担当医を訪問し、手術に関する情報(スケジュール・症例等)を収集。目的に合う製品を勧めます。最善の治療を施していただくために、
実際の手術現場に立ち会うこともあります。

■代理店に対する営業支援
正確な製品知識を授け、拡販を支援します。マーケットの状況を把握するための情報交換も欠かせません。

その他にも、ドクター向けの勉強会を実施したり、患者さんを啓発するフォーラムの企画・運営などもお任せします。
応募資格 【医療業界での営業経験者】
・医療業界で高い実績を上げてきた方
・医療機器の営業経験があれば尚可

【業界未経験の営業経験者】
・高い実績を上げてきた方
・ポテンシャルの高い方

【共通】
・明るく・ポジティブな方。
・自ら考え、積極的に行動し、成果を出せる方
・好奇心旺盛で、何にでもアンテナが高い方
・謙虚に、勤勉に学ぶことができる方
・自己管理能力の高い方
・”売る”ことに自信を持っている方
・英語ができれば尚可
年齢制限 32歳位まで
給与待遇 年収:500万円以上
勤務時間:09:00〜17:30
休憩時間:12:00〜13:00
給与:経験・能力・前職給与により応相談
※上記は、セールスインセンティブのターゲット金額を含めた理論年収となります。
※具体的な年収金額については能力・経験等を考慮して決定・提示いたします。
※別途、勤務状況に応じた手当があります。

各種社会保険完備、入院時医療費補助、長期収入サポート保険、定期健康診断(35歳以上は日帰り人間ドック)、
自己啓発支援制度(上限10万円/年)、社員持ち株会、各種祝い金、ベネフィット・ステーション(会員制福利厚生割引サービス)、
年間10万円分の選択型福利厚生ポイント(上乗せ保険、上乗せ自己啓発、
スポーツクラブ費用、自宅用パソコン購入補助、
眼鏡購入補助、演劇・コンサート・映画鑑賞費用補助など)
休日休暇 完全週休2日制、祝日、有給休暇、夏季休暇(5日)、年末年始休暇(12/29-1/4)、
傷病休暇(5日)、永年勤続休暇(勤続5年ごとに5日)など

求人企業情報

企業名称 ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社
会社概要 ボストン・サイエンティフィックジャパン(株)は、米国マサチューセッツ州に本社を置く世界屈指の医療機器メーカーであり、「低侵襲治療」分野のリーディングカンパニーです。低侵襲治療とは治療リスクを減少し、手術時間を短縮、造傷の縮小、コストの軽減など患者さんの負担を、精神的にも肉体的にも軽減する治療法です。
外科的手術の際、直接メスを入れるのではなく、血管からカテーテルをとして幹部を治療し、直径4.6mmほどの小さな傷跡を残すのみで、心臓や脳などの疾患を治療できる【インターベンション】治療をはじめとした、画期的な低侵襲治療法を提供しています。
ボストン・サイエンティフィックジャパン(株)では「動機」と仕事が結びついたときに生産性が最大になる「キャリアベスト」という概念を重視しており、仕事に対しての情熱、好奇心、向上心、夢といった、「動機」を持った方を求めています。
また、「キャリアベスト」のサポートするための能力開発トレーニングプログラムや、評価項目の一つに「自己開発目標」の達成率を組み込むなど社員の能力向上が会社の成長に直結するシステムとなっています。
社員の「キャリアベスト」を支援し、また、最新のテクノロジーの提供によって、患者さんのクオリティ・オブ・ライフ(QOL)に貢献し続けている企業です。
設立 1993年
資本金 65,000万円
従業員 831名

転職を希望される方の無料登録はこちらから

pagetop