ピックアップ求人

ピックアップ求人 一覧

ピックアップ求人検索

勤務地
募集職種
フリーワード
 

内視鏡システム専任セールス【関東、関西】

詳細
NEW
案件管理番号 2961
勤務地 関東、関西
仕事内容 1.内視鏡営業(医用内視鏡及びその周辺機器、消耗品の販売)
2.医用ネットワーク営業(内視鏡・超音波・病理部門システムの販売)

【経鼻内視鏡の特徴】
1.吐き気が少ない検査です。
舌の根元に触れないので、ほとんど吐気をもよおすことなく検査可能です。
2.検査中に患者と会話ができます。
口を自由に動かせますので、検査中の患者との会話も可能です。
3.体にやさしい検査です。
麻酔に使用する薬が少量であるため、体への負担も軽くすみます。
会社概要 富士フイルムメディカルは、1965年、富士フイルムグループの医療事業を担う企業としてスタート。
医療事業はグループ全体で取り組んでおり、医療情報ネットワークシステムや医療用デジタルイメージング機器などの設計、
開発は、富士フイルムやその他グループ内のシステム開発会社が手がけ、同社がその販売と技術サービスを担当するという関係。医療分野では、レントゲンフィルムが主流だった時代からの老舗で、1981年にはX線画像のデジタル化に世界で初めて成功し、1983年にはデジタルX線画像を世界で初めて製品化したことで知られている。
現在でも、医療用デジタルX線画像診断機器の分野ではトップクラスのシェアを誇るとともに、診療業務を支援するシステムや、
医療施設間を繋ぐネットワークシステムの構築なども手がけている。2009年には内視鏡事業にも本格的に参入した。

【事業内容】
■医用画像情報システム及び関連機材の開発・販売、その他関連する付帯サービス
■デジタルX線画像診断システム富士コンピューテッドラジオグラフィ(FCR)機器・関連諸製品の販売 
■医療用X線フィルム、処理薬品ならびに関連機器・機材の販売 
■生化学検査機器・検査試薬の販売 
■医療用機器ならびに関連機器の保守点検・修理

DIドラッグインフォメーション (医薬情報・安全情報)学術担当【福岡】

詳細
NEW
案件管理番号 4678
勤務地 福岡支店
仕事内容 ※福岡支店コールセンターの立ち上げメンバーとしての採用!

■製薬企業のDI・学術業務担当として薬剤師・医師・自社MR及び一般の方に
安全情報や関連文献などの最新で正しい医薬品情報をアドバイスして頂きます。
具体的には文献検索・資料作成・電話等での問合せ対応を行って頂きます。

■DI(ドラッグ・インフォメーション)未経験の方でも当社独自のシステムによる研修(専門研修・コミュニケーション研修・製品研修等)を受講頂くことによりコミュニケーターとして基本を習得できます。継続してクライアント先の研修も受講しますので、安心して業務につくことができます。420名以上の薬剤師が当社のコンタクトセンターや当社が受託している
内外大手製薬会社に勤務しております。
会社概要 株式会社EPファーマライン(旧株式会社ファーマネットワーク)は、1997年11月に設立され、医療業界に特化した営業のアウトソーシング事業、CSO(Contract Sales Organization)事業を中心に展開している国内大手CSOです。
また東証一部上場企業である医療品開発業務委託機関(CRO)のイーピーエス株式会社のグループ会社として、活動しています。EPSグループの特長は医薬品企業及び医療機器企業に対して、製品開発から販売後までの様々な支援業務を提供できることにあります。また、市場は国内に留まらず中国をはじめとするアジアから欧米まで、その活動地域を広げています。
MR(経験者、未経験者)、医療機器営業に加え、疾患・製品領域化の進展に対応するオンコロジーMR、新たなクライアントのニーズにきめ細かにお応えする各種サポーティングMR、モニタリングMR(GVP/GPSP対応専任MR)など幅広いサービスを提供しています。

2013年10月よりCSO企業の株式会社ファーマネットワークと
コールセンター事業を展開する、メディカルラインと合併し、製薬企業のニーズの多様化に対応し、ワンストップでの受託体制を強化する目的です。

エンジニア(フィールドサポート)【東海、関西】

詳細
NEW 外資
案件管理番号 3943
勤務地 東海、関西
仕事内容 メドサージ部門で取り扱う製品のオンサイトでの点検・修理作業及び顧客フォローアップ
保守サービスの提案業務などを行って頂きます。

【メドサージ部門について】
手術用パワーインストルメンツをはじめとした手術室関連医療機器を取り扱う。
・患者と術者を二次感染から保護するプロテクションシステム
・洗浄システム
・自己血回収輸血システム
・廃棄物処理システムから救急用ストレッチャー
・内視鏡関連製品
・手術ナビゲーションシステム
など
会社概要 整形外科領域における医療機器の世界トップメーカーです。
日本ストライカー(株)は整形外科、外科、脳外科、耳鼻科、口腔外科、形成外科、泌尿器科等、様々な診療科目で使用される医療機器を取り扱っています。製品は、人工膝関節、人工股関節、人工肩関節、骨セメント、脊椎製品等のインプラント製品を始め、内視鏡やインストルメント等の手術室関連商品、ベッド・ストレッチャ−など多岐に渡ります。
人事制度や教育制度も充実しており、社員の個性やチャレンジ精神を大切にする会社です。

エンジニア(マネージャー)

詳細
NEW
案件管理番号 4674
勤務地 大阪工場(住之江区)
仕事内容 マイクロ波化学プロセスの技術開発/新工場立ちあげに伴う化学プラントエンジニアリング業務全般
※ 将来的には、同敷地内にある生産工場の管理を含めた、大阪工場全般の統括責任者としての役割を期待しています。

1)ベンチ・パイロット装置の設計/技術開発業務
自社の研究開発部がラボスケールで確立した技術をベンチ・パイロット設備にスケールアップする際、社内の研究チーム、エンジニアリングチームを率いて、さらなる課題に対する仮設検証を繰り返しながら、技術開発を行い、量産工場立ちあげに向けたプロセスの確立、また、設備装置仕様の設計を含めたプロジェクトのマネジメント全般をお願いします。
2)新工場(量産工場)立上げに伴うエンジニアリング業務全般
顧客である化学メーカーの新規プラント立上げ〜生産技術の確立〜安定稼働に至るまでを総合的にマネジメントして頂きます。 エンジニアリング部門/ 製造部門を導きながら、プロジェクトを成功に導いてください。
3)大阪工場の統括/管理
将来的に、同敷地内に併設するマイクロ波化学プロセスの生産工場を含めた製造部門の統括とマネジメント全般(工程改善、安全管理、計数管理)もお任せします。
会社概要 【事業内容】
1. マイクロ波化学プロセスの研究開発及びエンジニアリング
2. マイクロ波化学プロセスを活用した製品製造における合弁事業、ライセンス事業
3. マイクロ波化学プロセスを活用した製品の製造・販売

マイクロ波化学株式会社は、大阪大学におけるマイクロ波の研究蓄積をもとに、化学プロセスの技術開発型ベンチャー企業として、2007年にスタートしました。
電子レンジにも使われているマイクロ波を化学産業に活用した「省エネルギー・高効率・コンパクト」な革新的モノ作り技術を顧客となる化学メーカーに提供。マイクロ波の化学分野への適用、すなわちマイクロ波化学は、技術・市場共に黎明期にあります。顧客にもノウハウが少ないため、単に化学プロセスを販売するのではなく、研究開発、実証、エンジニアリング、製造の支援までの一貫した技術的ソリューションを提供している。純粋な技術開発の会社だが、一方でモノ作りの側面が強い会社でもあります。

製品は、顧客からのニーズに応じて開発を行いマイクロ波化学という新しいプロセスを導入するハードルを越えるために、マイクロ波を生かした物性面・プロセス面からのメリット、新たな設備投資を行うことができる市場性、の2点を考慮することが重要でと考え、現在は国内外の化学企業と提携して、食品添加物の製造や、均一な核発生、先端への電界集中設計による銀ナノワイヤーの製造、均一加熱と選択的脱水によるポリマー(ポリエステル)の製造などに、マイクロ波化学プロセスを展開している。

電気計装担当、その他エンジニアリング

詳細
NEW
案件管理番号 4676
勤務地 大阪工場(住之江区)
仕事内容 自社化学プラント、及び試験棟における電気設備・計装設備・制御システムのエンジニアリング・保守管理に関わる業務一式。
新工場およびプラント建設に関して、電気計装設備の計画、基本設計、詳細設計以降の管理。
■電気・計装設備のEPC(設計・購入・建設)業務
■制御システムの設計、製作、検査
■電気・計装工事の設計、施工管理
■電気計装設備のメンテナンス計画立案、実行
会社概要 【事業内容】
1. マイクロ波化学プロセスの研究開発及びエンジニアリング
2. マイクロ波化学プロセスを活用した製品製造における合弁事業、ライセンス事業
3. マイクロ波化学プロセスを活用した製品の製造・販売

マイクロ波化学株式会社は、大阪大学におけるマイクロ波の研究蓄積をもとに、化学プロセスの技術開発型ベンチャー企業として、2007年にスタートしました。
電子レンジにも使われているマイクロ波を化学産業に活用した「省エネルギー・高効率・コンパクト」な革新的モノ作り技術を顧客となる化学メーカーに提供。マイクロ波の化学分野への適用、すなわちマイクロ波化学は、技術・市場共に黎明期にあります。顧客にもノウハウが少ないため、単に化学プロセスを販売するのではなく、研究開発、実証、エンジニアリング、製造の支援までの一貫した技術的ソリューションを提供している。純粋な技術開発の会社だが、一方でモノ作りの側面が強い会社でもあります。

製品は、顧客からのニーズに応じて開発を行いマイクロ波化学という新しいプロセスを導入するハードルを越えるために、マイクロ波を生かした物性面・プロセス面からのメリット、新たな設備投資を行うことができる市場性、の2点を考慮することが重要でと考え、現在は国内外の化学企業と提携して、食品添加物の製造や、均一な核発生、先端への電界集中設計による銀ナノワイヤーの製造、均一加熱と選択的脱水によるポリマー(ポリエステル)の製造などに、マイクロ波化学プロセスを展開している。

転職を希望される方の無料登録はこちらから

pagetop